2019年6月16日日曜日

寄付者満足度とは?その定義と、あまりに少ない検索結果について

寄付者満足度について記事を書こうと思った時に、非常に驚いたことがあります。

それは、日本語で検索したときに、なんと「寄付者満足度」を含む記事が8件程度しかなかったことです。



ちなみに、「ファンドレイジング」という単語で検索した結果の件数は、200万件以上あります。



これは健全な寄付文化が日本で育っていく上で本当に良くないことだと考えており、この記事を書いています。

「寄付者満足度」の定義は日本語でも英語(donor satisfaction)でもインターネット上に発見できなかったので、Cambridge dictionaryのcustomer satisfactionという項目を参考に、本ブログにおける寄付者満足度の定義を考えてみました。

a measure of how happy donors feel when they give charitable contributions to a nonprofit organization:

「非営利組織に寄付者が寄付を行った際にどの程度満足したかの尺度」


ここをスタートとして、寄付者の満足について考えていきたいと思います。

誰かのために、世の中のためにと思って寄付をした人には、満足していただきたい、幸福になっていただきたいものです。



2019年5月3日金曜日

寄付の類型

寄付は、様々な視点で類型化することができます。

ⅰ)寄付者の種別による分類

寄付者は、個人か法人かによって分類することが可能であり、この分類を細かく分けていくこともできます。
米国のファンドレイジングに関する資料では、個人、企業、財団、信託など寄付者を分類し、それぞれについて獲得戦略を立てる考え方が一般的となっています。

ⅱ)寄付される資産の種類による分類

寄付という言葉に伴って一番よく想起されるのは金銭の寄付でしょう。
しかし、物品の寄付、有価証券の寄付、不動産の寄付など、寄付される資産の種類によって寄付を分類することも可能です。

特に、評価性資産と呼ばれる有価証券や不動産などの寄付は、米国において高等教育への寄付増大に寄与したとみなされており、日本の寄付拡大においても重要であるという指摘がなされています。
福井文威著『米国高等教育の拡大する個人寄付』

また、日本赤十字では、暗号通貨の1つであるビットコインの寄付を受け付けています。

労力の寄付は、通常「ボランティア」と呼ばれます。

また、弁護士などの専門家がサービスを寄付する場合、「プロボノ」と呼ばれることも増えています。

医療の文脈では、英語で移植用臓器の提供は”donation”、献血は”blood donation”と呼ばれていますが、日本ではこうした行為が「寄付」という言葉で語られることはほぼありません。(なぜなのでしょう・・・)

しかし最近では、病気等で髪の毛が抜けてしまった子ども等のためのウィッグ用の髪の毛の寄付を「ヘア・ドネーション」と呼ぶケースもあります。
 

ⅲ)寄付の方法による分類

現金の手渡しによる寄付、銀行振り込みによる寄付、クレジットカード決済による寄付といったように、寄付の入金方法による分類があり得ます。

また、寄付の募集方法による分類として、

  • 街頭募金
  • オンライン寄付(インターネット上で募集される寄付)
  • 毎月寄付(クレジットカードや自動引落による寄付)
  • 寄付つき商品(コーズリレーテッドマーケティング)
  • 遺贈寄付(遺言書による寄付)
  • ポイント寄付(クレジットカードのポイント等による寄付)
  • クリック寄付(クリック数に応じてスポンサー企業が行う寄付)
  • マッチングギフト

等があります。

米国においては、Planned Gift、Pledge、Outright Giftという分類も見られます(末尾の参考文献を参照)。

Planned GiftはPlanned Givingとも呼ばれ、遺贈、信託による寄付、契約を締結しての寄付などの、事前の交渉や協議を伴う計画的な寄付であるとされています。
通常、Planned Giftは税控除についても十分に検討されるため、寄付金控除のメリットを寄付者が享受できることが想定されています。

また、Annual Gift(毎年の寄付)、Monthly Gift(毎月の寄付)など、振込のタイミングによって分類されることもあります。こうした継続的な寄付は、非営利組織にとって将来の寄付額の予測を立てやすい利点があります。

ⅳ)寄付額による分類

米国のファンドレイジングに関する書籍では、最上位の金額の寄付をPrincipal Gift、$10,000から$100,000程度の高額寄付をMajor Giftと呼ぶこともあります。

少額の寄付は、日本では小口寄付と呼ばれています。

ただしこれは寄付を受ける側にとっての論理でしかなく、可処分所得や寄付可能な資産額が寄付者によって異なるため、$100の寄付を高額寄付と感じる人もいれば、$100,000の寄付を高額だと感じない人もいます。

ⅴ)寄付の目的からの分類

その寄付が組織全体の運営に使われる場合(Unrestricted Gift)、特定のプロジェクトやキャンペーンの支援に使われる場合(Program or Project support)、大学基金(endowment)や建物等の資産に組み入れられる場合(Capital Gift)など、寄付の目的によって分類されることがあります。

日本の大学では、大学全体への寄付ではない、特定の学部や研究所への寄付を「特定基金」で受け入れたり、「特定寄附金」として扱うことがあります。これは上記のProgram or Project supportに対応すると言えます。

ⅵ)寄付の動機による分類


寄付の動機としては、行動経済学の観点から、

  • 純粋な利他性に基づく寄付
  • 暖かな光(寄付行為から寄付者が得るポジティブな感情)に基づく寄付
  • 互恵性に基づく寄付
  • 同調性による寄付
という4つが指摘されています
当然ながら、寄付者はこの4つの動機のうち複数に基づいて寄付を行うことがあり得るわけですが、こうした理論的な背景のある分類は、寄付をより深く理解するために非常に大きな助けになります。

参考文献
 

寄付の構造ー寄付者、寄付の受け手、寄付の受益者

ファンドレイジング活動を行う上で知っておきたいのが、「寄付の構造」です。


寄付という行為が成立するためには、寄付者寄付の受け手が別個に存在する必要があります(つまり、自分から自分へ寄付する、という行為は成り立たない)。

一方、寄付の受け手と寄付の受益者が別個に存在するかどうかについては、法的には2つのパターンがあるとされています。つまり、寄付の受け手=寄付の受益者、というパターン(贈与型)と、寄付の受け手≠寄付の受益者(信託型)というパターンがあり得るのです。


贈与型の寄付

寄付の受け手が寄付の受益者である場合は「贈与型」ともいうべき寄付であり、寄付の目的が、寄付の受け手に利益を与える点にある場合を指します。

こちらは、贈与契約または条件付き贈与契約に近い法的性格を持つことになります。寄付の使途が指定されている場合は、負担付贈与であるという解釈も可能であるという説があります。

信託型の寄付

寄付の受け手と別個に受益者が存在する場合は「信託型」ともいうべき寄付であり、寄付の目的が、第三者(受益者)に利益を与えることである場合を指します。

この「信託型」に該当する寄付は、信託に近い法的性格を持つことになります。

Cambridge Dictionaryによれば、Donationは”money or goods that are given to help a person or organization, or the act of giving them”と定義されており、贈与型が人への寄付、信託型が組織への寄付、と整理できるかもしれません。


贈与とも信託とも言い難い寄付

日本における寄付の統計資料である『寄付白書』などでは寄付の一部に含まれている「賽銭」は、寄付の受け手である宗教法人に利益を与えるための贈与とも、第三者のための信託とも解釈しがたいように思われます。

強いて言うならば自己の利益を願っての寄付のように思われるので、自己目的型寄付とでも言うべきなのでしょうか。

一般に、「寄付」と呼ばれる行為すべてを法的観点から厳密に定義できるとは限らないという側面もあります。

この意味で、法的な意味での寄付は必ずしも厳密に定義されておらず、自主的公益信託ともいうべきであるという金井憲一郎先生の主張(下記論文を参照)は、寄付に関する法整備が必要であるという指摘と相まって説得力があります。
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/item/md/rsc/p/7165/


このページでは、寄付の構造として、寄付者、寄付の受け手、寄付の受益者という3つの主体があり得ることを確認しました。

そもそも、というところから寄付を考えるにあたって、この3つの主体がどんなかかわり方をするのかは大切な切り口だと思っています。


2019年4月14日日曜日

寄付

そもそも、寄付とは何なのでしょうか。

寄付の定義を辞書で引くと、

「金品を贈ること。特に、公共の団体や社寺などに金品などを贈ること。」
(三省堂大辞林)

とあります。

法的には、来栖三郎先生による

「贈与が社会公共のために為されるときは寄附と呼ばれる」

との見方もあります。

税務上でも定義がなされており、国税庁HPには交際費等と寄附金との区別として、

「寄附金とは、金銭、物品その他経済的利益の贈与又は無償の供与をいいます。一般的に寄附金、拠出金、見舞金などと呼ばれるものは寄附金に含まれます。ただし、これらの名義の支出であっても交際費等、広告宣伝費、福利厚生費などとされるものは寄附金から除かれます。」

という記述がみられます。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5262.htm


また、寄付金控除の適用される認定NPOになるための指南を行う民間非営利団体のウェブサイトでは、

「任意性があること」(強制されたものでないこと)
「対価性のないこと」

を条件として挙げています。
http://www.npoweb.jp/2013/04/%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%80%91%E3%80%8C%E5%AF%84%E4%BB%98%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%82%92%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%8F%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82/

おおまかに言えば、

1)社会公共のためであること
2)任意の行為であること
3)対価がないこと

の3要件が寄付が成立する要件とされているようです。

逆に言うと、これらの要件を満たさないような状況が発生したときに、その寄付の正当性が崩れるということになります。

社会公共のためと思って多くの人が寄付した団体が、実は反社会的な行為を行っていた場合には、大きなスキャンダルになるでしょう。

任意の行為であるはずが、実際は慣習的にほぼ強制的な支出である場合も法的な問題になります。

また、「ふるさと納税」の高額返礼品問題(下記リンク)は、「3割」を超える対価が提供されていることが問題視されている、ととらえることができます。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/file/report20180706.pdf


ファンドレイジングの「そもそも」を考える上で、寄付とは何か、という視点は持ち続けたいと思っています。

なお、「寄付」という表記と「寄附」という表記の両方を見かけることがありますが、後者が公文書や法令などで用いられる表記であるというだけで、意味上の違いはないと考えています。


2019年2月25日月曜日

自己紹介

青森県弘前市で育ちました。父親が早くに亡くなったこともあり、高校を出てすぐ市役所などの安定した仕事に就きたいと思っていました。

そんな折に、あしなが育英会の職員の方が奨学金の存在を教えてくれて、大学進学を目指すことにしました。

せっかくなら遠くに行こうと思い、関西に進学しました。住まいは阪神淡路大震災で親を失った子どものためのケアセンター「レインボーハウス」併設の学生寮で、京都大学へ往復4時間かけて通う生活でした。

大学生の頃から、なぜか
「世の中のためになる行動を人にしてもらうためにはどうしたらいいか」
「そのためにマーケティングはどう使えるか」
を考えてきました。

その結果、社会的な使命を持つ会社や、営利を目的としない組織のマーケティング担当者、ファンドレイザーとしてキャリアを積んでいます。

大学時代は、あしなが育英会のボランティアとして死別を体験した子どものグリーフケア・行動変容の支援をボランティアとして行いながら、そのNPOのための、主に街頭募金や企業寄付の募集(ファンドレイジング)にマーケティングをどう応用するか、を考えて実行していました。

Yiesという劇団にも一年くらい役者として所属していました。このときの経験は、その後研修講師をするときに、あるいは子育てに、とても役立っています。たのしい先輩にも巡り会いました。

大学時代は、京都大学の総合人間学部で学びました。
自分の研究としては、HIV/エイズ予防や運動・神経生理学をテーマにしていました。前者のHIV/エイズ予防については、ブラジルに1年(ニッケイ新聞という邦人向け日本語新聞のインターンとして)、アフリカのウガンダに(ASHINAGAウガンダというNGOの研修生として)1年滞在して参与観察、フィールドワークを行うなど、長く没頭して研究しました。

ブラジルとウガンダではずっと、エイズに影響を受けて生きる人々を写真に撮らせていただき、日本で写真展をしたりもしました。
(妻とはこの活動を通じて知り合いました)

大学を卒業してからは、アミタという環境事業・CSRコンサルティングを手掛ける会社で、マーケティング・広報・ウェブを担当していました。

企業の担当者に、環境・CSR対策を行ってもらうためのマーケティングをやっていたわけですが、これは非常に学ぶところが多くあり、やりがいもありました。

会社に所属する人の、良心を刺激する仕事だったからです。

CSR活動にマーケティングを応用するためのセミナーで講師を務めたりもしていました。

仕事の傍ら、寄付やボランティア(特にプロボノと呼ばれる、専門スキルを用いたボランティア)の力を集めるためにNPOがどうやってマーケティングを展開するか、について深堀りしました。サービスグラントというプロボノをマッチングする団体で活動したり、個人として活動したりでした。

働きながら夜学のデジタルハリウッド大学大学院を修了したこともあって、オンラインでのファンドレイジング(寄付募集)については、NPOサポートセンターの方々にお世話になりながら、非常に多く研修やセミナーを担当させていただきました。

環境ビジネスに携わりながらパラレルキャリア的にNPOのマーケティングについてコンサルタントや講師といった立場で関わる、というのはとても充実していたのですが、長男が命にかかわる病気を持って生まれ、幸いにして手術で助かったという経験をして、医学や医療を支える仕事に就きたいと思うようになりました。

Twitterで見つけた公募に応募して、2013年6月からは京都大学iPS細胞研究所(CiRA)にファンドレイザーとして勤務しています。

マーケティングをより大きな(そして伝統的な)非営利組織で活用するということ、そしてそれをコンサルタントのような外部者の立場ではなく、主体としてやる、ということに挑戦しています。

優秀な研究者や研究支援者(サイエンスコミュニケーターや契約担当者、所長補佐、技術員など)と働いたり、心ある個人、法人、団体の寄付者の方々と接するのはとてもありがたい経験です。

二児の子育て中ですが、大学の図書館が使い放題なので喜んでいろいろ勉強しています。行動経済学の勉強会に顔を出したり、U.C.Davisのオンライン授業でファンドレイジングについて学んだりしています。

2019年からは、寄付についてより科学的・学術的に理解することを通じて、寄付者の幸せに貢献したり、寄付者が社会に貢献することをいかにサポートするか、に強い関心を持っています。

Linkedin

Twitter

Facebook

寄付者満足度とは?その定義と、あまりに少ない検索結果について

寄付者満足度について記事を書こうと思った時に、非常に驚いたことがあります。 それは、日本語で検索したときに、なんと「寄付者満足度」を含む記事が8件程度しかなかったことです。 ちなみに、「ファンドレイジング」という単語で検索した結果の件数は、200万件以上あ...