Tuesday, 21 September 2021

大学ファンドレイジングと、「チャラ男」と「根回しオヤジ」のお話

先日、雑誌『月刊 先端教育』に、2019年度末まで担当しておりましたiPS細胞研究基金のファンドレイジング活動のことを取り上げていただきましたので、ご報告です。

「大学マネジメント最前線 寄附拡大を目指すために必要なこと」

https://www.fujisan.co.jp/product/1281702004/new/

今回は、上記の雑誌で「大学マネジメント最前線」の連載をされている、内閣府上席科学技術政策フェロー・東京工業大学教授の江端新吾先生にお声がけいただき、取材をしていただきました。(江端先生・植草先生、ありがとうございました!)

iPS基金での取り組みを聞かせてほしい、というお話を頂戴したのですが、私が2020年3月末で離任していましたので、現基金室長の小山さん(私が転籍した後の基金室長を引き受けてくださった方。所長補佐でもあります)とともに前任者として取材をお受けしました。


小山さんは大学職員としてのキャリアが長く、外から大学に入ってきた私が(ファンドレイジングやマーケティングには詳しいものの)大学職員として組織のことがわからない、人脈もない、という状況のなかで本当に多くの手助け・ご指導をくださいました。

iPS基金のファンドレイジングという重責を担うことになった私がなんとか生き残れたのは、小山さんのおかげと言うほかありません。本当に感謝しています。


今回の記事を読み返しながら、ふと

「自分は『チャラ男』だったのか」

と思いました。
(まったく意味不明だと思いますが、それは後段をご覧ください)


私は様々な場所で、「ファンドレイジングにとって組織内の協力がいかに大切か」を伝えているつもりなのですが、なかなかそこまで踏み込んで記事になることが少ないのが現状でした。

今回のメディア掲載は、その意味で画期的だと思いますので、あえてブログでも紹介させていただこうと思いました。


「チャラ男」と「根回しオヤジ」の組み合わせは強い

詳細は下記の書籍の第7章に詳しいのですが、組織の中で新しいアイデアを実現させていくためには、非常にざっくりと言うと、2つの条件が必要とされるといいます。


それは、

1)社外にもつながりを持ち、新しいアイデアを出せること
2)そのアイデアを、社内での強い人脈をテコにして実現すること

という2点です。

問題は、1)と2)を一人で兼ね備えるのは至難の業、ということです。

上記の書籍の中では、キャッチーに、1)を担う人を「チャラ男」、2)を担う人を「根回しオヤジ」と表現していて、思わず笑ってしまいました。

この二人が組むと、新しいアイデアを組織内で実装していけるので、強いぞというお話です。

私は外から大学に転職した人間でしたので、上記の1)を担う「チャラ男」としてがんばるしかなかったのだなあ、と思い出していました。

そのような中、2)を担ってくださる方が、大学職員として長いキャリアを持つ小山さんだったと思います。

それによって、iPS基金にご支援を考えてくださる方々に対し、様々な受け入れ方法を整備していくことができ、多くの方々の善意が基金に寄せられたという面もあるかなと思っています。
(iPS基金への寄付の状況は下記ページに公開されています)


人と人がより良く協力して働くために


経営学のひとつの側面は、「組織の中で人と人がより良く協力するための手がかり」を与えてくれるというものです。

人と協力して仕事をして、世の中に貢献できるとしたら、それはとてもありがたい、幸せなことだと思います。

今回の『月刊 先端教育』の記事や、上記の書籍をきっかけに、

・大学ファンドレイジングの可能性
・その実践を助ける経営学という学問の魅力

に対して、一人でも多くの方がご注目いただければ嬉しいです。


ちなみに、ファンドレイジングという分野は、

・非営利組織の人が、組織外の人と(寄付をしていただく、という行為を通じて)より良く協力するため

の分野だとも言えます。
ほんとうにおもしろい分野なので、もしちょっとでも働いてみたいと思った方は、下記の募集要項をご覧ください!私が転籍した先の公益財団での人材募集です。


<おしらせ>
このブログでは下記のとおり、Facebookページ・Twitterで更新情報を発信しています。

ブログはがんばっても月に1回くらいの発信ですが、Twitterはもう少し寄付研究などについてつぶやいているので、よろしければぜひ何かの方法でつながってください。

本ブログの読者の方々と一緒に学んでいけることを楽しみにしております・・・!



ファンドレイザーの方のためのおすすめ書籍です

寄付を科学的に考えるための書籍リストです

社会人で博士を目指す方へのおすすめ書籍です

Saturday, 14 August 2021

勉強会「非営利組織のマーケティングを考える:ファンドレイジング研究の観点から」

マーケティングを、世のため人のために使えたらいいなあ・・・


と思ったこと、ありませんでしょうか。


よく考えたら、民間企業だけでなく、非営利組織(省庁・自治体・大学・病院・美術館・図書館・NPO等)にも、「マーケティング」が必要な気がする・・・。


と感じたこと、ありませんか?


実は、そんなことを専門的に考えている学問分野があります。

ソーシャルマーケティングとか、非営利組織マーケティングといった分野です。


私が取り組んでいるファンドレイジング(寄付募集)研究も、その一部が上記分野に含まれています。


ソーシャルマーケティングは、商業マーケティングという大きな分野の中の「特殊なケース」と見られてきましたが、これをマーケティングの主流にすべき、という意見もあります。

https://www.emerald.com/insight/content/doi/10.1108/EJM-05-2013-0248/full/html


とはいえ、社会のためにマーケティングを使う、という理想に対して、現実には様々な課題があります

(もし、ソーシャルマーケティングがもっと普及していたら、新型コロナウイルス感染症対策は違った展開になっていたはずです・・・)


非営利組織のマーケティング活用のひとつとしてのファンドレイジングという分野でも、これまでの研究と、実務者の期待するものの間には、ギャップがあるように思われます

私自身が、ファンドレイジングの実務者として、「もっとこういう研究があったらいいのに」と思って過ごしてきました。


今回は、「この分野について、専門家でない人に説明して、ディスカッションする」ということを目的にした勉強会です。


内容は、非営利組織マーケティング、ソーシャルマーケティング研究や、その一分野としてのファンドレイジング(寄付募集)研究とその実務への応用についてです。

30-40分くらいでご説明し、最後に質疑応答の時間も取りたいと思います。

よろしければご参加ください。


日時  2021年8月20日(金)21:00-22:00


開催方法 zoomを予定しています。


参加費 無料


お申込み このGoogle formからお願いします。


発表者 渡邉文隆(京都大学経営管理大学院博士後期課程)

 どんな活動をしてきたかは、本ブログの他、こちらのインタビューnoteをご覧ください。


皆様のご参加をお待ちしております!


(京都御苑です。こういう場も、非営利組織が管理してますよね)


<おしらせ>
このブログでは下記のとおり、Facebookページ・Twitterで更新情報を発信しています。

ブログはがんばっても月に1回くらいの発信ですが、Twitterはもう少し寄付研究などについてつぶやいているので、よろしければぜひ何かの方法でつながってください。

本ブログの読者の方々と一緒に学んでいけることを楽しみにしております・・・!



ファンドレイザーの方のためのおすすめ書籍です

寄付を科学的に考えるための書籍リストです

社会人で博士を目指す方へのおすすめ書籍です

Friday, 23 July 2021

最近仕入れた寄付/非営利組織関連の書籍について

実務の世界で忙しくしているうちにあっという間に1か月が経ってしまいまして、「月に1回はブログを書く」という決意が7月は果たせなくなるギリギリの状況になってしまいました。

今月は、最近仕入れた書籍について書いていこうと思います。


まず、たいへん興奮して読んだのがこちら。フィランソロピー、イノベーション、起業家精神についてその関連を論じた2020年の本です。ウォーレン・バフェットさんがフィランソロピーについて「社会にとってのリスクキャピタルだ」と言っていたというのは初めて知りました。


イノベーション研究やアントレプレナーシップ研究の領域の人で、寄付研究にも関心を持っている人というのがどれくらいいるのか分からないのですが、こういう本をきっかけにして交流したいものだなと思いました。「フィランソロピーと科学」や「フィランソロピーと大学」という古くて新しいテーマについても論じられていて、
1) 経済的リターンが無視できるレベルに小さい
2) 長期の視野に立っている
3)リスクに対する寛容性がある
4)製品開発の経験のある科学者によって意思決定がされる
ような資本、つまりPhilanthropic capitalが必要だ!と説いたある寄付者の人の話などは胸が熱くなります(p.47)。


次はこちら。非営利マーケティング研究者や「フィランソロピー心理学者」と呼ばれる著者が実務者も交えて包括的に書いたファンドレイジングのテキストです。いつか買わなければ・・・と思っていたのですが、Kindleで購入。持ち運べるのが便利です。


デジタルファンドレイジングといった最新のテーマまでカバーしていて、豊富な学術研究論文を引用しているのが素晴らしいところ。Major gift fundraisingなど、日本では資料がほとんどない分野についての話は貴重です。


次はこちら。1988年の本なので参考程度に大学図書館で借りたのですが、この頃から「寄付者はファンドレイジングコストを嫌うので・・・」といった議論がされていて、30年以上もこのテーマが続いているのか、と驚いたりしました。



次にご紹介するのは下記の本。2006年の出版で、図書館で見つけたら図鑑くらいあってどう見ても両手でないと持てないのに「ハンドブック」という名前はつけないでほしいぞ…と思いました。「非営利組織と市場」というセクションがマーケティングの人間としては本当におもしろくて、寄付市場を考える上でとても参考になります。いくつかの例外的な場合はあるものの、ファンドレイザーが利益を最大化しない、という話がここでも出てきます。寄付のセクションについては、米国版寄付白書的な内容になっています。


ちなみに上記の本の冒頭には、私がよく非営利組織の重要性について説明するときに話している「人間は病院という非営利組織で生まれて、学校という非営利組織で育って・・・」という話とかなり似た話が出てきて、びっくりしました。やはり、米国でも非営利組織の重要性について説明するときには、いかに非営利組織が人の人生に密接にかかわっているか、を説明しているんだなと納得したところです。


上記の本は米国の話が中心でしたが、各国の話が並列的に語られているのがこちら。1990年の本です。日本のjichikai(自治会)の話が出てきて、今年町内会長を拝命している身としてはびっくりしました。こういう本を読むと、研究が量的に多い米国の論文だけを読んで寄付の世界をわかった気になってはいけないな…と感じます。



最後に紹介するのが下記の本。2005年出版で、UCLAのSchool of Public Affairsの教授の方が執筆したもの。教科書風なのでかなり読みやすい。寄付研究の話が少なかったので参考程度。


というわけで、今日はこんなところにしたいと思います。

おしらせ

このブログでは下記のとおり、Facebookページ・Twitterで更新情報を発信しています。

ブログはがんばっても月に1回くらいの発信ですが、Twitterはもう少し寄付研究などについてつぶやいているので、よろしければぜひ何かの方法でつながってください。

本ブログの読者の方々と一緒に学んでいけることを楽しみにしております・・・!

https://twitter.com/fwatanabe

https://www.facebook.com/givingscience/


ファンドレイザーの方のためのおすすめ書籍です

https://watanabefumitaka.blogspot.com/p/blog-page_16.html


寄付を科学的に考えるための書籍リストです

https://watanabefumitaka.blogspot.com/p/blog-page_12.html


社会人で博士を目指す方へのおすすめ書籍です

https://watanabefumitaka.blogspot.com/p/blog-page_18.html

Wednesday, 9 June 2021

iPS再生医療学各論「再生医療とファンドレイジング」参考文献リスト

2021年6月11日に担当する、iPS再生医療学各論「再生医療とファンドレイジング」の参考文献リストです。

京都大学医学部の4回生向けの授業ということで、つまりは医療従事者や医学研究者を目指す方々向けにファンドレイジングについてお話しをさせていただくことになります。

山中伸弥教授が医師・医学研究者であると同時に、寄付募集(ファンドレイジング)にも力を入れて取り組んでこられたことは(マラソン大会への出場などで)知られていますが、この授業の受講者の方々のなかにも、これからの医療・医学の進歩のために、寄付という尊い資源を適切・効果的に活用できる人が出てきてくれることを祈るばかりです。


<参考文献>

Andreoni, J., & Rao, J. M. (2011). The power of asking: How communication affects selfishness, empathy, and altruism. Journal of Public Economics, 95(7), 513–520. https://doi.org/https://doi.org/10.1016/j.jpubeco.2010.12.008

Andreoni, J., Rao, J. M., & Trachtman, H. (2017). Avoiding the Ask: A Field Experiment on Altruism, Empathy, and Charitable Giving. Journal of Political Economy, 125(3), 625–653. https://doi.org/10.1086/691703

Arnett, D. B., German, S. D., & Hunt, S. D. (2003). The Identity Salience Model of Relationship Marketing Success: The Case of Nonprofit Marketing. Journal of Marketing, 67(2), 89–105. http://10.0.5.229/jmkg.67.2.89.18614

Huck, S., & Rasul, I. (2010). Transactions costs in charitable giving: evidence from two field experiments. The BE Journal of Economic Analysis & Policy, 10(1).

Martinez-Conde, S. (2016). Has Contemporary Academia Outgrown the Carl Sagan Effect? The Journal of Neuroscience : The Official Journal of the Society for Neuroscience, 36(7), 2077–2082. https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.0086-16.2016

Michon, R., & Tandon, A. (2012). Emerging philanthropy markets. International Journal of Nonprofit and Voluntary Sector Marketing, 17(September), 352–362. https://doi.org/10.1002/nvsm

Murray, F. (2013). Evaluating the Role of Science Philanthropy in American Research Universities. Innovation Policy and the Economy, 13, 23–60. https://doi.org/10.1086/668238

Sargeant, A., Eisenstein, A., & Kottasz, R. (2015). Major Gift Fundraising: Unlocking the Potential for Smaller Nonprofits. Centre for Sustainable Philanthropy, Plymouth University Plymouth.

山中伸弥. (2018). iPS細胞がひらく新しい医学. 学術の動向, 23(7), 7_78-7_89. https://doi.org/10.5363/tits.23.7_78

髙橋淳. (2018). パーキンソン病に対する幹細胞治療. 脳神経外科ジャーナル, 27(12), 874–881. https://doi.org/10.7887/jcns.27.874


<参考サイト>

アカデミスト。クラウドファンディングを通じて研究を応援できる。
https://academist-cf.com/

iPS細胞による再生医療等の技術開発を応援したい
~ライフサイエンス・先端産業による社会課題解決をめざして~
(ふるさと納税型クラウドファンディング)
https://www.furusato-tax.jp/feature/a/gcf-ips

iPS財団「毎月のご支援」募集特設ページ
https://www.cira-foundation.or.jp/lp/

Heartseed株式会社のプレスリリース
http://heartseed.jp/pdf/20210601_J__HS-NN_PR.pdf

柳井正様からのご寄付に関する京都大学のプレスリリース
https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news/2020-06-24

TOC(制約理論)によるiPS基金の募集について取り上げていただいた
ゴールドラットジャーナル
https://www.goldrattjournal.com/vol_007.html

寄付白書2013の概要。高額寄付者の方の遺贈寄付意向についても紹介されている
http://jfra.jp/wp/wp-content/uploads/2014/02/gj2013_summary.pdf

CiRAの充実した刊行物
https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/publication.html

新型コロナ禍でのファンドレイジング。オンラインコミュニケーションの分野ごとの違い
https://jfra.jp/fundraisingjournal/3886/

Sunday, 6 June 2021

国立研究開発法人による資金調達活動活性化のための人材育成手法開発に関する調査報告書

2020年度は、「国立研究開発法人による資金調達活動活性化のための人材育成手法開発に関する調査」という調査において有識者委員を拝命し、議論に参加させていただきました。

報告書が公開されていたので、ご紹介させていただきます。

https://www.mext.go.jp/content/20210423-mxt_chousei02-000014469_21.pdf


国立研究開発法人の中には、海洋や深海を探索するJAMSTEC、航空宇宙開発をテーマとするJAXAなど、魅力的な研究機関がたくさんあります。

academistさんの活躍で、「研究に寄付をする」という体験が身近なものになりました。

ひとりでも多くの人に、研究への寄付、という行為のわくわく感を味わってもらいたいと思います。


私は、研究への寄付という文化を、本業での仕事(iPS細胞の実用化のための寄付募集)ですこしずつ前進させたいと思います。

また、マーケティングの研究者としては、研究などの「ハイリスク・ハイリターンで、時間やお金が膨大にかかるような活動」への寄付募集をどうしていけばよいのか、という問いに少しでも答えられるような研究を進めていきたいと思います。




Sunday, 16 May 2021

日本NPO学会(2021/06/20)での発表「CharityとPhilanthropyの それぞれに特異的なファンドレイジング手法のアンブレラ・レビュー」の参考文献リスト

日本NPO学会で発表させていただくことになり、その発表原稿を作成しています。

当日のプレゼンテーションをお聞きになった方が参考文献をご覧になりたいこともあろうかと思いまして、下記に掲載しております。

オンライン開催なので、全国どこからでも参加できますし、参加費も手ごろなので、NPO関係の方のみならず、大学や病院などでファンドレイジングを担当されている方も、よければご参加を検討くださるとありがたいです。(5/19まで早割です!)

https://janpora23.peatix.com/

私は20日の13:30から、ファンドレイジングについてのセッションでお話をします。

https://janpora.org/meeting/pdf/prg23.pdf


参考文献

Andreoni, J. (1998). Toward a Theory of Charitable Fund Raising. Journal of Political Economy, 106(6), 1186–1213. https://doi.org/10.1086/250044

Andreoni, J., & Sprenger, C. (2012). Risk Preferences Are Not Time Preferences. The American Economic Review, 102(7), 3357–3376. https://doi.org/http://dx.doi.org/10.1257/aer.102.7.3357

Anisman-Razin, M., & Levontin, L. (2019). Prosocial Behavior Reframed: How Consumer Mindsets Shape Dependency-Oriented versus Autonomy-Oriented Helping. Journal of the Association for Consumer Research, 5(1), 95–105. https://doi.org/10.1086/706505

Aromataris, E., Fernandez, R., Godfrey, C. M., Holly, C., Khalil, H., & Tungpunkom, P. (2015). Summarizing systematic reviews: methodological development, conduct and reporting of an umbrella review approach. JBI Evidence Implementation, 13(3). https://journals.lww.com/ijebh/Fulltext/2015/09000/Summarizing_systematic_reviews__methodological.4.aspx

Bekkers, R., & Wiepking, P. (2007). Generosity and philanthropy: A literature review. In Available at SSRN 1015507. Report commissioned by the John Templeton Foundation.

Booth, A., Papaioannou, D., & Sutton, A. (2012). Systematic Approaches to a Successful Literature Review.

Brest, P., & Wolfson, M. (2020). How to Think about Risk in Philanthropy. Stanford Social Innovation Review, 18(1), 57–58. https://search.proquest.com/magazines/how-think-about-risk-philanthropy/docview/2316724948/se-2?accountid=11929

Butts, M. M., Lunt, D. C., Freling, T. L., & Gabriel, A. S. (2019). Helping one or helping many? A theoretical integration and meta-analytic review of the compassion fade literature. ORGANIZATIONAL BEHAVIOR AND HUMAN DECISION PROCESSES, 151, 16–33. https://doi.org/10.1016/j.obhdp.2018.12.006

Daly, S. (2012). Philanthropy as an Essentially Contested Concept. Voluntas, 23(3), 535–557. https://doi.org/10.1007/s11266-011-9213-5

Duncan, B. (2004). A theory of impact philanthropy. Journal of Public Economics, 88(9), 2159–2180. https://doi.org/https://doi.org/10.1016/S0047-2727(03)00037-9

Ein-Gar, D., & Levontin, L. (2013). Giving from a distance: Putting the charitable organization at the center of the donation appeal. Journal of Consumer Psychology, 23(2), 197–211. https://doi.org/10.1016/j.jcps.2012.09.002

Frumkin, P. (2008). Strategic Giving: The Art and Science of Philanthropy. University of Chicago Press. https://books.google.co.jp/books?id=Gv9ejrvJf7AC

Karlan, D., Tantia, P., & Welch, S. (2019). Behavioral Economics and Donor Nudges : Impulse or Deliberation ? Stanford Social Innovation Review. https://ssir.org/articles/entry/behavioral_economics_and_donor_nudges_impulse_or_deliberation

Kogut, T., & Ritov, I. (2011). The identifiable victim effect: Causes and boundary conditions. The Science of Giving: Experimental Approaches to the Study of Charity, 133–148.

Kotler, P. (1979). Strategies for Introducing Marketing into Nonprofit Organizations. Journal of Marketing, 43(1), 37–44. https://doi.org/10.1177/002224297904300104

Kubacki, K., Rundle-Thiele, S., Pang, B., Carins, J., Parkinson, J., Fujihira, H., & Ronto, R. (2017). An Umbrella Review of the Use of Segmentation in Social Marketing Interventions. In Segmentation in Social Marketing: Process, Methods and Application (pp. 9–23). https://doi.org/10.1007/978-981-10-1835-0_2

Lee, S., & Feeley, T. H. (2016). The identifiable victim effect: a meta-analytic review. Social Influence, 11(3), 199–215. https://doi.org/10.1080/15534510.2016.1216891

Lee, S., Moon, S.-I., & Feeley, T. H. (2016). A meta-analytic review of the legitimization of paltry favors compliance strategy. Psychological Reports, 118(3), 748–771.

Mindak, W. A., & Bybee, H. M. (1971). Marketing’s Application to Fund Raising. Journal of Marketing, 35(3), 13–18. http://10.0.9.3/1249784

Neumayr, M., & Handy, F. (2019). Charitable Giving: What Influences Donors’ Choice Among Different Causes? VOLUNTAS: International Journal of Voluntary and Nonprofit Organizations, 30(4), 783–799. https://doi.org/10.1007/s11266-017-9843-3

Sparrow, E. P., & Spaniol, J. (2018). Aging and altruism in intertemporal choice. Psychology and Aging, 33(2), 315.

Trope, Y., & Liberman, N. (2010). Construal-level theory of psychological distance. Psychological Review, 117(2), 440–463. https://doi.org/10.1037/a0018963

Worth, M. J. (2015). Fundraising: Principles and practice. SAGE Publications.

佐々木周作, 石原卓典, 木戸大道, 北川透, & 依田高典. (2019). 寄付行動を促すための介入の効果は寄付先活動によって異なるか?:全国規模オンライン実験と機械学習に基づく検証. 行動経済学, 12(Special_issue), S14–S17. https://doi.org/10.11167/jbef.12.S14

若林靖永. (1999). 非営利・協同組織のマーケティング. In 角瀬保雄 & 川口清史 (Eds.), 非営利・協同組織の経営 (pp. 151–176). ミネルヴァ書房.

西内啓. (2017). ビジネスに活かす統計学:エビデンスに基づく価値創造. 情報管理, 59(12), 799–811. https://doi.org/10.1241/johokanri.59.799



おしらせ

このブログでは下記のとおり、Facebookページ・Twitterで更新情報を発信しています。

ブログはがんばっても月に1回くらいの発信ですが、Twitterはもう少し寄付研究などについてつぶやいているので、よろしければぜひ何かの方法でつながってください。

本ブログの読者の方々と一緒に学んでいけることを楽しみにしております・・・!

https://twitter.com/fwatanabe

https://www.facebook.com/givingscience/


ファンドレイザーの方のためのおすすめ書籍です

https://watanabefumitaka.blogspot.com/p/blog-page_16.html


寄付を科学的に考えるための書籍リストです

https://watanabefumitaka.blogspot.com/p/blog-page_12.html


社会人で博士を目指す方へのおすすめ書籍です

https://watanabefumitaka.blogspot.com/p/blog-page_18.html


関係ないですが、最近の京都・堀川です。


Friday, 30 April 2021

寄付型クラウドファンディングと、ソーシャルメディア活用に関するレビュー論文のご紹介

今年のGWは出かけることもできず退屈しているファンドレイザーの方も多いと思うので、できるだけ1日1本、寄付に関する論文をTwitterアカウント@fwatanabeでツイートしていこうと思います。

さまざまな研究がまとめられたレビュー論文を中心としてご紹介します。

そして、紹介したもの、これから紹介するものは、こちらのブログ記事にまとめていこうと思います。

寄付型クラウドファンディングに関するレビュー論文

昨日投稿した1本目はこちら。純粋な寄付型クラウドファンディングの研究92件のシステマティックレビューです。こんなに研究が出てるんですね。

クラウドファンディングの成功に貢献する要因がすごくたくさん説明されています。

Salido-Andres, N., Rey-Garcia, M., Alvarez-Gonzalez, L.I. et al. Mapping the Field of Donation-Based Crowdfunding for Charitable Causes: Systematic Review and Conceptual Framework. Voluntas 32, 288–302 (2021). https://doi.org/10.1007/s11266-020-00213-w

たとえば、

-技術的な能力やリテラシー

-アクションをしてもらうためのウェブ最適化の能力

-過去のクラウドファンディング経験

-寄付依頼活動へや社会課題を効果的にフレーミングするといった活動への投資

-コミュニティをつくり、寄付者をエンパワーすること

-寄付の使い道の透明性を確保し、誠実に行動すること

-画像を用いて社会課題を説明し、共感を生み出すこと

-計画したことをタイミングを守って実施する能力

-他の人からの寄付の表示、著名人の推薦を入れること

-ウェブ上の雰囲気に注意を払うこと

などなど。


NPOのファンドレイジングへのソーシャルメディア活用

本日投稿したのはこちら。ソーシャルメディア活用に関するレビューです。

Di Lauro, S., Tursunbayeva, A., & Antonelli, G. (2019). How nonprofit organizations use social media for fundraising: A systematic literature review. International Journal of Business and Management, 14(1), 7–11.


NPOがソーシャルメディアをどうファンドレイジングに使っているか、という問いに基づく論文なのですが、UK Fundraising(2016)によるとオンライン寄付の前に57%の寄付者が動画を見ているとか、グローバルNGOの92%がfacebookページを持っているとか、あるツイートが中国赤十字の寄付を86.6%減らしたとか・・・原著にあたってもおもしろそうな情報が多数含まれていました。

ソーシャルメディアを活用することの中心的なメリットの1つに「透明性と説明責任」が挙げられており、これは本質的な指摘だと思っています。


ソーシャルメディアと非営利組織はまだまだこれから

私がソーシャルメディアと非営利組織というテーマがおもしろい!と思ったのは、市川裕康さんに、下記の書籍について教えてもらったときだったと思います。(市川さん、当時は本当にありがとうございました)


Kanter, B., Fine, A., & Zuckerberg, R. (2010). The Networked Nonprofit: Connecting with Social Media to Drive Change. Wiley. https://books.google.co.jp/books?id=YFhF1LZ9VbwC


なんと11年前、まだ20代の頃の自分が作成した、当時の勉強会資料がまだslideshareに残っていました!

本の内容が、おおかたご理解いただけると思います。

かなり時代の先端を行っていた本だったと実感します。

https://www.slideshare.net/watanabefumitaka/the-networked-nonprofitbook-club-event-in-tokyo#

(自分はこのころ、デジタルハリウッド大学大学院の修士課程に在籍させてもらっていまして、ソーシャルメディアの活用をNPOで実践するためのプロボノ活動などもしていました。その参与観察が修士論文の一部になったのでした)


それからもう11年が経っていますが、上記のレビュー論文を読んで、まだまだこの分野には理論的な研究の余地がたくさんあると実感しました。


じゃあどんな理論からの研究の余地があるのか?ということについては、もう少し自分の頭が整理されてから書いていきたいと思います。

こういう時、「研究っておもしろいな・・・」と思います。


いつもブログ記事が文字ばかりになるので、関係なくても写真を1枚載せております。
今回は以前撮った、平安神宮の鳥居です。

また気軽に出かけられる時期が1日も早く訪れることを祈りつつ。


大学ファンドレイジングと、「チャラ男」と「根回しオヤジ」のお話

先日、雑誌『月刊 先端教育』に、2019年度末まで担当しておりましたiPS細胞研究基金のファンドレイジング活動のことを取り上げていただきましたので、ご報告です。 「大学マネジメント最前線 寄附拡大を目指すために必要なこと」 https://www.fujisan.co.jp/pr...